赤ちゃんのスキンケアを行うことの重要性

7a6c86a75cbdb8900ce3643d7ed0d196_s

乳幼児は小さい頃から保湿によるスキンケアをしているとアトピーや肌トラブルが減るというようなニュースがありました。

我が家も下の子はそのニュースを見て2,3ヶ月ごろからお風呂上りに保湿をするようにしていました。それもあってか2歳になるまで肌にブツブツができたことがほとんどありません。

もちろん汗もみたいなものが一時的に出来ることはありましたが、それが長引いたり悪化したりということは無かったので、保湿はやっぱり重要ということを実感しています。

ただ親からすると、ジッとしていない子供の全身に保湿剤を塗ることは時間もかかってけっこう手間だったりします。

そう考えるとやはり保湿剤もさらっとしていて伸びが良いほうが、ササッと塗ることができるのでかなり楽です。

7af60530d543237dde3140023e2d614c_s

あと皮膚科の先生からも言っていたのですが、ごしごしと大人の手のひらで押しつけるように塗るのは逆に肌にダメージになる。らしいです。

ちょっと極端な例ですが、やすりで肌を擦り続けていたらそりゃお肌も傷むなと思います。手のひらであったとしても毎日それを続けてしまったら良かれと思って行っている保湿スキンケアも逆効果です。

ナイーブな子供の肌ですからやっぱりお肌に合う保湿を見つけて、しっかりケアしてあげたいですよね!